後悔しない充実した連休を過ごすためのプロジェクト

夏休み充実プロジェクト ライフスタイル

おひとり女子くるみです。

 

もうすぐ夏休みですね!

みなさん、どんな計画を立てられているでしょうか。楽しみですね。

 

今年は10日(土)から18日(日)までの9日間。ステキ!

時給で働く派遣には金銭的につらい9連休ではあるのですが、楽しみのほうがでかいです。

 

おひとり女子は、おうち大好きなひきこもりなので、休みの日はいかに家から出ないか工夫をします。

この夏休みも、数日実家で過ごした後は、なるべく家に引きこもる計画です。

もう今から、夏休みが楽しみで楽しみでしかたありません。浮き足立っています。

 

でも、今までの連休の過ごし方を振り返ってみると、浮き足立っている場合ではありません。

連休って、終わる間際になって後悔することが多くないでしょうか。

本日は、ひきこもりが充実した連休を過ごすためのプロジェクトについて。

 

 

連休のあるある落とし穴

 

子供の時、夏休みの宿題を31日に泣きながらやるタイプって少なくないですよね。

おひとり女子もまさにそのタイプです。

 

その性質は大人になっても変わっていません。

終わる頃になって「結局ダラダラと過ごしてしまった・・・」と後悔することってないでしょうか。

 

よく考えたら、これは長期連休だけのことではありません。

普段の週末のたった2日間の休みでも、その片鱗が垣間見えます。

こんなことないでしょうか。

 

結局、寝過ごしてしまった

1日中テレビ見て終わってしまった

やろうと思ってたことに手もつけられずに終わってしまった

 

長期連休の場合はなまじ休みが長いだけに、ダラダラ具合に拍車がかかり、比例して後悔も大きくなります。

 

おひとり女子は意識改革をして、最近ようやく、普段の週末はなんとか規則正しく過ごすことが少しできるようになってきました。

でも、長期連休となるとあっという間に生活リズムを崩します。

この前のGWもそうでした。

 

その様をひと言で言うのならば・・・

 

廃人

 

ようやく、運動やブログ、家事などの好ましい習慣がついてきたところだったのに、GWに突入したらすべてが崩れてしまいました。

起きる時間も寝る時間も本能のまま。

読みたいだけ本を読み散らして、めんどくさければご飯も食べず。

朝も夜もないのでタイミングがつかめず、お風呂に入らなかったり顔すら洗わなかったり。

 

それまで積み上げてきた習慣は、一気に崩れ去りました・・・。

そうだよね、おひとり女子ってこういう人間だったよね、と激しい後悔とともに再認識したものです。

 

社会人になってから何度も同じ後悔をしているのです。馬鹿ですね。

 

おひとり女子はようやく今、人生ではじめての規則正しい生活が送れるようになってきているのです。

それを、長期連休のたびに壊してしまうのはもったいなさすぎます。

そこで、今回は今までの反省を踏まえて、夏休みを後悔せず過ごすためにはどうしたらよいかを考えてみました。

 

おひとり女子のように、いつも連休を後悔とともに終えるというあなた。

今度の連休こそ充実した連休となるように、プロジェクトを計画してみませんか。

 

 

後悔しないための長期連休プロジェクト

 

では、充実した夏休みを過ごすためにはどうしたら良いでしょうか。

これは、すでに普段の週末の過ごしかたから答えを得ています。

 

休みだからといって、平日と違うことしなければいいのです。

つまり、平日も休みも、同じ時間に起きて同じ事をして、夜はお風呂に入って同じ時間に寝るのです。

違うのは、会社で仕事している時間が自由時間になるということだけです。

 

そうしていつも同じリズムで過ごすことが、結局は一番ラクなのです。

そんなことに、アラフォーになってようやく気付きました。

 

子供の時から「規則正しい生活」を推奨されてきました。

でも、「規則正しい生活」ってめんどくさいと思ってきました。

それより、寝たい時に寝て起きたい時に起きるという、猫のような生活に憧れました。

 

「規則正しい生活」は「心身ともに健康である為」なんて言いますが、もっと率直に言って欲しかった。

心身ともに健康であることは、心身ともにラクに生きられるという意味だったのです。

規則正しく生活することは、ラクな生き方のことなのです。

不規則な生活のほうが、気持ちもよくないし、よっぽどめんどくさいのです。

 

終わりになって後悔しない為の長期連休プロジェクトは2本柱です。

基本の「規則正しい生活

そのうえで「やりたいことを決める

 

具体的にみていきます。

 

 

タイムスケジュールを決めて規則正しい生活をする

 

「夏休みのいちにち」を計画する

 

小学生の頃、夏休みの1日のタイムスケジュールを決める宿題がありませんでしたか?

おひとり女子はあのタイムスケジュールを守ったことなど一度もありません。

そもそも、守ろうという意思もほとんどなかったように記憶しています。

でも、計画を立てること自体はなぜか好きでした。

 

大人になった今、あの計画表を「守ることを念頭に置いて」立ててみるのはどうでしょう。

 

夜は寝る

 

人によって違うでしょうが、おひとり女子が生活リズムを崩すのは、夜に寝ないところからはじまります。

おひとり女子は、もともと普段から眠りにつくのに苦労するタイプです。

かなり頑張って寝よう寝ようと意識しています。

なので、次の日が休みだと、この努力を放棄しがちです。

 

さらに、次の日が休みだと思うと、うれしくて余計に眠れなくなります。

無理して寝る必要がないと思うと、たとえ眠くなったとしても、頑張って起き続けてしまう傾向があります。

 

ここから、生活リズムが崩れていくのです。

なので「夜に寝る努力を怠らない」を一番の目標とします。

 

朝は起きる

 

夜に眠るのは苦労するくせに、朝起きるのはあまり苦になりません。

冬はなかなか起きれないということもありますが、今の時期は勝手に目が覚めます。

なので、常識的な時間に寝ることさえできれば、朝は問題ありません。

 

夜はお風呂に入り、朝は顔を洗う

 

多くの人にとっては当たり前のことでしょうが、ここを疎かにしてしまいがちなおひとり女子。

毎日お風呂に入り、朝きちんと顔を洗えば、少なくとも廃人生活になることはないでしょう。

 

外出をした時は、お風呂に入らないと気持ちが悪いので、帰宅後すぐにお風呂に入ります。

今はあまり時間をかけないようにしていますが、もともと湯船で何時間も過ごすほどのお風呂好きです。

それでも連休になるとお風呂に入らなくなるのは、外出しないからです。

「帰宅」がないので、入るタイミングがつかめないというか・・・言い訳ですね。

 

そこで、「タイムスケジュールで決めたとおりの時間にお風呂に入ること」を第二の目標とします。

ブログを書くのと最近残業が続くのとで、お風呂の時間が短い日々が続いています。

せっかくなので、昔みたいに何時間もちゃぷちゃぷ楽しもうと計画しています。

 

朝の洗顔は、きちんとできる自信があります。

というのも、以前は朝の洗顔のタイミングが「出社前」だったので、休日に洗顔ができないことが多かったのですが、今は反省して、洗顔のタイミングを「起床直後」に変更したのです。

もう習慣となっているので、起きたら顔を洗っているはずです。

 

ごはんをちゃんと食べる

 

「食べるのがめんどくさい」という理由で痩せてしまう傾向のあるおひとり女子。

食べないと体力が激減するし、立ちくらみがはじまります。

そして、食が細くなるのでますます食べなくなるという負の連鎖がはじまります。

平日は、仕事があるんだから食べないとという意識が働くのですが、休日になると・・・。

 

そこで、「毎日ちゃんとご飯を食べる」を第三の目標とします。

 

習慣を変えない

 

GWにいったん崩れたのを立て直して、普段の平日は、朝は計画通りに規則正しい生活ができています。

夜は残業があると計画通りにいかないので、やりたいことは全て朝にやるようにしています。

運動したり、ブログを書いたり、掃除をしたり、断捨離したり。

 

連休だから、会社に行かなくていいからといって、身についた習慣を放棄しないことにします。

続けている習慣を同じ時間にやること」が第四の目標です。

 

「夏休みのいちにち」を実践する

 

計画をたてたら、あとは実践あるのみです。

 

 

やりたいことを事前に決める

 

おひとり女子の今度の夏休みは、とにかく「規則正しい生活を実践する」ことが目標です。

40年以上生きていて、今まで一度もできなかったことをやろうとしているのだから、おおごとです。

 

でも、さらに充実した夏休みにする為に、やりたいことを事前に計画しておこうと考えています。

そうしないと、規則正しい生活ができたとしても、自由時間は本を読んで終わることになるのが目に見えているからです。

それも楽しいのですが、せっかくの連休なのだから普段やらないことをやりたいものです。

 

連休の予定が「ひきこもり」なので、いつも気が付いたら連休に突入していて、連休を具体的にどう過ごすかを事前に考えるってしてこなかったのですが、今回はひきこもりライフを事前に具体的に計画しようと思います。

いま考えているのはこんなところです。

 

実家の大掃除

 

実家だとやることが無いので、いつも必ずついているテレビを見て時間をつぶしていることが多いです。

テレビが好きではないので、楽しくもなんともないです。

うるさいなぁと思いながら眺めています。

 

あまりにも時間がもったいないので、今年は実家の大掃除をしようと思います。

実家では母がひとり暮らしですが、母はもともと掃除嫌いだし片付けも下手な人です。

2014年に建て替えたので、モノは少ないし家も新しいのですが、掃除してないのでいろいろ汚いです。

つまらないテレビを眺めているくらいなら、掃除してたほうが気持ちいいし、楽しいかなと考えています。

 

新宿区立漱石山房記念館

 

おひとり女子は大学の卒業論文のテーマにしたくらい、夏目漱石が好きです。

自転車でちょっと行ったところに漱石山房があるのですが、ひきこもり故に行ったことがありません。

実は、大学も漱石山房の近くだったのに、行かずに卒業してしまいました。

 

引越をして遠くなったら、ますます行く機会はなくなります。

いまのうちに、行ってみようと計画しています。

 

ピアノ

 

最近、ブログに時間がかかるのと残業とで、なかなか平日にピアノで遊ぶ時間が取れなくなりました。

そうしたら、時間のあるはずの休日にもピアノで遊ぶことが少なくなってしまっています。

連休は集中して遊んで、ドラクエの「ラダトーム城」をマスターしたいです。

 

天井掃除

 

今のマンションの部屋には、脱衣所に天窓があります。

この天窓のおかげで脱衣所はとても明るくてよいのですが、冬は結露がひどいのです。

そして、天井が高すぎて掃除ができず、結露からカビが発生して壁紙が一部真っ黒になっています。

どう考えても、構造的欠陥だと思うのですが・・・。

 

もはや遅すぎるとは思うのですが、なんとかここを一回掃除したいと思います。

天井の高さは、椅子に乗って長い柄のフロアワイパーを使ってもギリギリ届くくらいです。

これだと力がほとんど入らないので、掃除になりません。

 

おひとり女子が乗っても平気で、かつ高さがあるものは、ピアノぐらいです。

さらにその上に椅子を置いたら、かろうじて天井に直接手が届きそうです。

幸いピアノにはカグスベールをセットしているので、なんとか脱衣所まで運んでいき、しっかり掃除をしようと計画しています。

 

カグスベールは、重い家具をすんなり移動できるパーツで、冷蔵庫とピアノに使っています。便利です。

 

 

さいごに

 

まだ7月なのに、夏休みのことで頭がいっぱいです。

計画を立てている今も、楽しくてしかたがありません。

今度こそは、充実した長期連休を過ごしてみたいものです。

 

どんな夏休みであれ、最後に後悔するのではなく、心の底から「楽しかった」と言えるものにしたいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました