週末ひきこもりが提案するお金がなくても楽しく過ごす趣味20選

お金がなくても楽しく過ごす趣味20選 ライフスタイル

おひとり女子くるみです。

 

会社がない週末や祝日、誘われてもなかなか家から出ないので「いつも家でなにしてんの?」とよく聞かれるおひとり女子。

もちろん、おうちで遊ぶのに夢中です。

最近は家事や運動などにも目覚めてきたので、ますます忙しくなりました。

 

そんな週末ひきこもりのおひとり女子が、お金が無くても楽しめる趣味を集めてみました。

自分の趣味として楽しんでいるものや、楽しそうだなぁと思っているものばかりです。

 

仕事も私生活も充実してこそのハッピーライフ。

週末をだらだら二度寝したりテレビ見て終わらせるのではなく、有意義に過ごしてみませんか。

 

 

家事

 

最近、家事に目覚めているおひとり女子。

今までめんどくさいだけのものと思っていましたが、やってみたら意外におもしろいし、そのあとの生活をうるおしてくれるしで、いいことだらけです。

これはもう、趣味の領域で存分に楽しむのがオススメです。

 

料理

 

おひとり女子は食事を栄養補給と捕らえている面が強く、我ながらとても残念だと思っています。

三大欲求のひとつである食欲。思い切り楽しめないのはもったいないですよね。

 

日本は食に対して本当に貪欲で、グルメな国だと思っています。

和食はもちろん、各国の料理を上手く取り入れて、日本人の舌に合うようにアレンジしていくその精神は尊敬に値します。

 

毎回の食事に凝ってみるのも良いし、お菓子作りやパン作りにいそしむのもステキ。

おひとりさまだと消費に苦労しそうなのがネックですが、週末の趣味ならその後の1週間で食べ切れそうです。

 

あまりにいろんな方面に手を出しすぎると、道具や材料が無尽蔵に増えてしまう可能性が高いので注意です。

 

掃除

 

賃貸のおひとり女子がこれだけ楽しめているのだから、持家ならさぞ楽しかろうと思います。

趣味として見てみると、生きている限りは終わりがないという欠点も利点と変わります。

 

普段、掃除機かけて終わりにしているだけなら、掃除機をやめて床を水ぶきしてみたらどうでしょうか。

めっちゃ運動になるし、掃除機の嫌な排気が出ないし、なにより素足で歩くのに抵抗がなくなって気持ちが良いです。

 

タイマーをかけて、効率的にできるテクニックを研究するのも楽しいです。

場所によって週1回、月1回でも、汚れる前に掃除する習慣がつくと、大掃除は必要なくなります。

強力な洗剤も必要なくなるし、掃除自体がラクだし、掃除はこまめにやるほうが実は何倍もラクです。

 

片付け・断捨離

 

モノであふれている状態での掃除は苦痛でしかないので、掃除を楽しむには、断捨離は欠かせません。

モノが少なくなれば、片付けの基本である「使ったら戻す」は誰にでもできるようになります。

何もないところに、使い終わったモノがポツンと置かれていることこそが違和感満載となるので、自然と片付けるようになります。片付けないと気持ち悪く思うようになるでしょう。

収納スペースにも余裕ができてくるので、動線を考えた最適な置き場所を確保することも容易です。

 

きちんと片付いていれば、実はたいして掃除をしなくてもキレイに見えるし、気持ちよく過ごせます。

でも、きちんと片付いていれば、たいして必要なくても掃除をしたくなる衝動にかられます。

もっともっとの好循環です。

 

ガーデニング

 

室内でも庭でもベランダでも、そこに植物がいると癒しになります。

食べられるものなら、育てる楽しみは倍増します。

 

アクアリウムやテラリウムもとてもキレイでよいのですが、これはキレイな状態を維持するのにとっても手間がかかるので、本気で取り組む必要がありますし、水槽やその他設備を揃えるのにちょっとお金がかかります。

それでずっと遊べるのだからたいした投資でもないのですが、すぐに飽きてしまったら目も当てられません。

おひとり女子もテラリウムでメダカ飼うのに憧れているのですが、まだ手を出す決心ができません。

 

その点、土と日光での植物育成はやっぱりラクです。まずはここからはじめてみるのがオススメです。

 

DIY

 

器用かどうか、好きかどうかにもよりますが、家のちょっとしたことを自分でやってみてはいかがでしょう。

 

ちょっとここに棚があったら便利だから、木材買ってきて塗装して、取り付けてみよう

サイズぴったりの収納をクラフトテープでつくってしまおう

この収納に仕切りがあると便利だから、牛乳パックでつくってみよう

 

こんな、ホントにちょっとしたことを既製品を買うのではなく自分でやってみるのも楽しいです。

都内にはホームセンターが少ないのですが、100均のスカスカ木材でも、それなりのものはつくれますよ。

おおがかりなものは、既製品を買ったほうが安いし丈夫でキレイ、という結果になる可能性が高いので注意。

 

 

芸術

 

芸術ってほどでもないですが。感性が豊かになるような趣味を集めてみました。

楽器演奏

 

自分で音を出せるって、本当に楽しいです。

両手を動かしたりする楽器だと、脳の活性化も促します。

音楽鑑賞も良いですが、ここはあえて自分で演奏してみることをオススメです。

 

ピアノ、ハーモニカ、ウクレレ、アコースティックギターあたりは、初心者がはいりやすい楽器です。

楽器によっては多少の初期投資が必要ですが、それで一生遊べると思えば安すぎます。

 

ピアノなどは、処分に困っている人が山ほどいるので、中古でよいならジモティーなどでもらえる可能性も少なくありません。無料でなくても安く手に入るはずです。

おひとり女子も、処分に困っていた知人からピアノをいただいて楽しんでいます。

電子ピアノがつくられはじめた頃の超初期モデルなので、めっちゃ馬鹿でかいのですが、新しいのを買うほどの腕前ではないし、古いピアノですが当時の最高級モデルなので、音もタッチ感もとても良いのです。

 

映画鑑賞

 

DVDを自分で買うとモノが増えるだけなので、レンタルやAmazonプライムなどの配信サービスを利用することをオススメします。

昔スカパー!に加入していた時には、気の向いたときにはちょこちょこ観て楽しんでいたのですが、スカパー!を解約し、テレビも捨ててしまった今はまったく見なくなってしまいました。

ノートPCは業務用なので画像が残念すぎて、観る気にならないのです。

でもいずれはプロジェクタを導入して、また映画を観たいと思っています。

 

一番なんて決められないですが、何が一番好きかと聞かれたら「時計仕掛けのオレンジ」と答えてます。

天性の才能を感じる衝撃作です。

 

絵画・塗り絵

 

感性のままにキャンパスを塗りつぶしていくの、楽しいですよね。

自分で絵はかけないという人は、大人の塗り絵もオススメです。

洋服では色のチャレンジがしづらくても、絵ならさまざまな色彩を自由に楽しむことができます。

 

もちろん、色がないモノクロの世界もステキです。

陰影だけで表現するのも奥が深いし、紙と鉛筆一本でずっと遊べます。

 

ただ、作品として残してしまうとモノが増えてしまいます。

お気に入り数点は残しても、あとは写真に撮って廃棄するなど工夫が必要です。

はがきを使えば、手紙として友人に送ることで処分できて良いです。

 

書道・ペン字

 

漢字を使う文化圏にいるからには、美しい字を書きたいものです。

書道は道具も多少必要ですが、ペン字はペンと紙だけ、今すぐにでも始められます。

 

美文字ブームなのか、お手本本も沢山売られています。

おひとり女子は、適当な名言や好きなバンドの歌詞などを好きなフォントで印刷して、それを下敷きにしてなぞって練習したりします。

あとは、とにかくいつも丁寧に文字を書く、ということを意識しています。

 

 

運動

 

運動は、身体にも脳にも良い影響を与えます。楽しんで健康になれるなんてステキです。

散歩

 

いつも通るのとは違う道を歩いてみると、ご近所でも違った風景が見えたりしておもしろいものです。

ウォーキングとして歩くのもいいし、のんびり散策してもいいし、相棒となる犬がいたなら尚楽しめます。

 

おひとり女子は通勤を兼ねてウォーキングをしていますが、歩く為に歩くことはできなさそうな気がしています。

ですが、趣味は散歩と聞くと、優雅でいいなあと思います。

精神的にゆとりがないと、できないことだという印象があるのです。

 

筋トレ

 

筋肉は、加齢とともにどんどん衰えていきます。

もともと筋肉をつけていなかった人ほど、筋トレをして貴重な少ない筋肉を維持すべきです。

健康寿命を延ばしたいのであれば。

 

おひとり女子も健康寿命と寿命をなるべく近づけるべく、鋭意努力中です。

今はまだ苦痛でしかありませんが(泣)、運動を続けていると、そのうち脳が楽しく感じ出してくれるはずなので頑張ります。

 

ヨガ

 

ヨガは動作が複雑なものが多いので、独学がむずかしいイメージがあります。

やはりはじめはジムなどに通って、型?を教えてもらうのが近道ではないでしょうか。

覚えてさえしまえば、ヨガマットさえあれば自宅でできるので、いいですよね。

 

実はヨガにはあまり興味がないのですが、世間で人気なので入れてみました。

なぜ興味がないかというと、ジムに通うのが面倒だからです・・・。

母がジムに通いだしたので、そのうち教えてもらおうかと思っています。

 

サイクリング

 

自転車って安くても10万近くするので高価なものですが、初期投資さえしてしまえば、あとはそれを大事に使って、全国どこにでもいけるのです。

そう考えると、すごく安いと思いませんか。

 

あまり遠いと難しいですが、通勤に使えばあの不愉快な満員電車に乗らなくて済むんですよ。

夢のようだと思いませんか。

 

バイクも面白いですが、保管場所やガソリンやを考えると、自転車はとってもシンプル。

日焼けさえ気にならなければ、最高の乗り物だと思っています。

保険は年に千円程度と安いので、加入しておきましょう。

 

海山森川

 

海が近い、山が近い、森が近い、川が近いという恵まれた環境にお住まいの方にオススメするのが、

海で遊んだり、山で遊んだり、森で遊んだり、川で遊んだりすることです。

 

海や川では、大量の水の流れをただ見ているだけで飽きません。

お風呂何杯分だろうと、スケールの大きさに圧倒されます。(詩的表現ができずすみません)

 

山や森は、ただ歩いているだけで飽きません。

上を見ると、日光を浴びようとどの葉っぱも重ならないようにしているのが可愛いです。

山や森が近所なら、散歩を趣味にできるかもしれません。

山野草に詳しくなるのも憧れます。

 

母の田舎が海と山に囲まれた三重県の小さな町で、子供の頃、帰ってはずっと海を見ているのが好きでした。

波が寄せて、引いて、寄せて、引いて、寄せて、引いて・・・飽きないです。

 

 

勉強

 

勉強というほどでなくても、知的好奇心を刺激するような趣味を集めてみました。

読書

 

図書館を利用すれば、一生かけても読みきれないほどの本を無料で読みまくることができます。

住民税が惜しくないと思えるくらい、活用しまくりましょう。

同じようなテーマで書かれた本を読み比べしたり、気になった箇所だけつまみ読みしたり、ざーっと飛ばし読みをしたり、そんな贅沢な読み方をしても、無料です。ステキです。

 

何度も読みなおしたり、じっくり時間をかけて読みたい本は買ったほうが良いですが、さっと一回読んで終わりという本も少なくありません。

そういう本は、図書館を利用するのが一番です。

お金もかからないし、買う手間も処分する手間もかかりません。

 

語学

 

日本人は外国語が下手ですね。

何年も授業で習う英語ですらままならない人が多いのは、理由は様々あれど、結局は外国語の必然度がいまだに低いことの表れだと思っています。

 

でも、海外旅行に行った時や、街で道を尋ねられた時、バーで気があった時や、職場や近所にいる外国人などとのコミュニケーションが円滑にできればと思うことも少なくないですよね。

 

おひとり女子は、こういったコミュニケーションももちろんですが、海外の本を原文で読めたらどんなにいいだろうと思います。

翻訳って、ほんの一握りを除いてかなり残念な日本語になっていないでしょうか。日本語として破綻しているというか・・・。それがために、おひとり女子は海外の本を敬遠してしまう傾向があります。

また、これは翻訳がとても優秀で感動したくらいですが、そもそも本の趣旨として原文で読まないと価値が半減してしまう「ロクス・ソルス」のような本もあるのです。

 

語学力があれば、読書はもっと楽しくなるはず。

会話より余程ハードルが高いですが、挑んでみる価値は十分あります。

 

将棋

 

最近はコンピュータの勝率が上がってますが、そもそもコンピュータに勝つ時点ですごくないですか。

何十手も先を読むみたいなプロ棋士がやる将棋とは別物ではあっても、頭の体操にはもってこいだし、趣味で将棋を指すのは知的趣味としてとても良いのではないでしょうか。

あの小さな盤の中に、どれだけの策略がめぐらされているのか、気が遠くなりそうです。

 

盤と駒だけでできるというのもシンプルでステキです。

 

瞑想

 

タイの洞窟に少年たちが閉じ込められた事件以降に、より頻繁に聞くようになった印象があります。

マインドフルネスも脚光を浴びてますね。

遅ればせながら、最近興味が出てきて、寝る前に少しだけ瞑想する習慣をつけています。

 

瞑想って、自分の心に向き合って静かに何かを考えるみたいなイメージがあったのですが、違うのですね。

目指すのは無の境地。身体の中、頭の中にあるいろんな問題をどんどん手放してって、何もない状態になる。

その境地で、見えるモノを見えるまま、あるものをあるがままに受け入れる、そんな感じでしょうか。

脳の整理、お片づけにも最適ということです。

その境地にたどり着くまでいかなくても、静かな場所で目をつぶっていると、空に昇っていって溶けてなくなるような気分になって、なんだか気持ちがいいですよ。

 

ブログ

 

趣味は、それをやっているだけで楽しいものですが、それをブログで発信してみてはいかがでしょうか。

書いているとそれも楽しくなって、そのうち趣味になります。

 

インプットしたことはアウトプットすることで定着するので、自分のためにもなります。

また、アウトプットすることがいかに大変かということも実感できます。

分かりやすい文章についても考えさせられるし、これも結構な頭の体操になりますよ。

 

 

まとめ

 

おひとり女子が実際にやっている、もしくは興味があることを中心に、趣味を20個あつめてみました。

こう見てみると、人生時間が足りないですね。

やりたいことがたくさんありすぎます。

 

ひきこもりは暇人というイメージがあるかもしれませんが、実はとても忙しいんです!

ひきこもり体質の人を誘って断られても、許してあげてくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました