挫折せず続けられるざっくり家計簿でお金を貯める方法

ざっくり家計簿でお金を貯める 支出を減らす

おひとり女子くるみです。

 

家計簿ってつけてますか?

 

ざっくり家計簿で支出を把握・管理し、なおかつお金を貯めていく方法をご紹介します。

 

 

支出は年間単位で管理する

 

ざっくり家計簿でざっくり支出を把握できてきたら、今度はそれをもとに支出の管理をします。

過去の実績から、だいたい目安となる予算を立てていきます。

例えば、去年は日用品に20000円くらい使ったから、今年も20000円の予算にしようとか、いやいや今年は18000円に抑えられるよう工夫してみようとか。

 

いずれにせよ、予算は年単位で計画することをオススメします。

 

例えばおひとりさまの場合、歯磨き粉を買ったとして、それを月内に使い切るでしょうか?

おひとり女子は、歯磨き粉1本を使い切るまで何ヶ月もかかります。

使用サイクルが月内に収まるものなど、生鮮食品くらいかもしれません。

半年かけて使用するものの支出管理を、月の予算内で収める必要はありませんよね。

 

また、予定外の支出というのは家計にはつきものです。

それが万単位の支出であった場合には、月内でその支出をカバーすることは期間が短すぎてつらいです。

でも、年間で見れば、今月使いすぎたなら来月と再来月で少し我慢するなどの調整ができます。

むしろ、この調整をしようとする意識こそが大切で、それが管理をするということだと思います。

 

春夏秋冬で光熱費も変わってきますし、季節ごとのイベントもありますよね。

単月だけを見ていてもあまり意味は無く、一年を通して予算が達成できるように管理していくのがオススメです。

 

 

銀行口座の使い分けで強制貯蓄

 

お金はあるとついつい使ってしまいがち。そこで登場する一般的な手法が強制貯蓄。

お給料日の翌日などに、強制的に生活資金の管理口座とは別の口座に振り込んでしまい、残りの残高で生活するというやつです。

 

残りの残高で生活するということに不安を覚える人もいるかもしれませんが、家計の把握と管理ができてしまえばその不安は消えるはずです。

 

銀行口座をひとつ増やしたことをきっかけに、最近おひとり女子もこの手法を取り入れて、投資用資金を別口座で管理してみることにしました。

メインバンク:楽天銀行 ⇒ 給料振込指定口座。生活費・貯蓄・投資の総合管理
サブバンク:住信SBIネット銀行 ⇒ 投資資金管理用として新規開設
サブバンク:みずほ銀行 ⇒ 楽天銀行で引落できないクレジットと光熱費の支払のみに利用

 

今までは、ほぼすべてを楽天銀行で管理し、毎月10万円くらい残高が増えていました。

残高が一定程度貯まったら、証券会社の口座に移して投資資金にしていましたが、その10万円を毎月自動振込みで投資資金専用口座とした住信SBIネット銀行に移すように変更しました。

 

残高が増えたら投資にまわしていたのを、残高に関わらず投資にまわすようにしたのです。

 

変更後の投資先別資金の流れはこんな感じです。

iDeCo:月23000円:楽天銀行から自動引落で積立投資(今までどおり)
つみたてNISA:月33000円:楽天銀行から自動引落で積立投資(今までどおり)
米国ETF:月10万円:楽天銀行から自動振込で住信SBIネット銀行(ここを変更)

 

この手法のすごいところは、より支出に敏感になれるというところです。

なんとなく貯まっていた10万円を意識的に貯める必要があります。

そうしないと、メインバンクの残高がマイナスになって各種支払いが滞る事態に陥るのです。

なんというか、非常にスリリングです。

 

さらには、なんとかメインバンクの残高をちょっとずつでも増やしてやろうという闘志も沸いてきます。

散財の抑止力になるというだけでなく、精神的にモチベーションが上がるという効果がありますよ!

まあでも、月10万円の強制貯金はちょっと自分を追い込みすぎたかなと思わないでもないです。

金額を少し下げようかな。笑

 

 

大切なのは「意識をすること」

 

お金を使うのも、お金を貯めるのも、ほんの少しでも「意識をしているか」どうかで結果が変わってきます。

おひとり女子にとって、家計簿で年間の支出を把握して管理するのも、強制貯金をしてみるのも、お金に対して意識を向ける為の工夫のひとつです。

ひとり暮らし暦20年以上ですが、その割にはお金に無頓着すぎたと今更ながら反省してます。

 

そんなに贅沢しているわけではないのに、なぜかお金がたまらない人。

ちょっと意識を向けてみたら、その謎がきっと解けると思いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました