1本で美味しい魔法の万能調味料 【塩麹・しょうゆ麹】

魔法の万能調味料【塩麹】【しょうゆ麹】 ライフスタイル

おひとり女子くるみです。

 

料理に興味がない人間にとって、残念ながら料理は面倒な家事のひとつに過ぎません。

とはいっても、健康の為には食べるモノをおざなりにはできないし、せっかく食べるのなら不味いモノは嫌です。

料理の研究はたいしてしないけれど、いかにラクに美味しくつくるかは研究対象となるのです。

 

そんなおひとり女子が絶大なる信頼を寄せている調味料が、塩麹としょうゆ麹の麹コンビです。

たった1種類、単品だけの味付けで、絶品料理が完成します。

おひとり女子がつくっても美味しくできるのだから、調味料としては万能です。

 

今回は、そんな万能調味料の万能ぶりをお届けいたします。

 

 

麹とは

 

麹は大昔から調味料やお酒に利用されている、日本では非常に馴染みの深い菌です。

穀物などにカビの一種である麹菌をくっつけて繁殖させたものです。

 

種床となる穀物によって、米麹、玄米麹、麦麹、豆麹などさまざまな種類があります。

塩麹・しょうゆ麹に使われるのは米麹が一般的ですが、玄米麹や麦麹でもつくれます。

一風変わってこれまた美味しいのですが、米麹が一番安いのでおひとり女子はもっぱら米麹でつくります。

 

麹菌は酵素をつくりだしてデンプンやたんぱく質を分解し、それによってできたグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖していきます。

デンプンを分解するのが「アミラーゼ」、たんぱく質を分解するのが「プロテアーゼ」という酵素です。

デンプンもたんぱく質も、そのままではうま味を感じることができないのですが、これら酵素が分解してくれることによって、和食のベースの味であるうま味と甘みがつくりだされます。

 

 

麹の健康効果

 

麹はアミラーゼとプロテアーゼのほかにも多くの酵素をつくりだしており、さまざまな効果をもたらします。

甘酒が飲む点滴といわれているように、麹にはたくさんの効能があります。

 

消化・吸収を促進

 

麹の酵素が栄養素を分解してくれるので、消化がしやすく、食物の栄養を吸収しやすい状態にしてくれます。

ダイエットに効果ありといわれています。

 

乳酸菌で腸内環境の改善

 

麹の酵素がつくりだすオリゴ糖が腸内の善玉菌を増やすだけでなく、麹菌が持っている食物繊維が腸内環境を整えてくれます。

 

豊富なビタミン

 

ビタミンB群を筆頭に豊富なビタミンがあり、肌の代謝を促進し、疲労回復効果もあります。

 

 

塩麹・しょうゆ麹の魅力

 

麹の魅力は健康に良いというだけではありません。

おひとり女子が実感している健康面以外の魅力をご紹介します。

料理が面倒な人、料理が苦手な人、美味しい料理がつくれない人には、救世主となる調味料です。

 

とにかく美味しい

 

塩と比べた塩麹。しょうゆと比べたしょうゆ麹。

麹が入るだけでここまで違うのかと驚愕するほど、美味しいです。

 

塩で味付けする代わりに塩麹を使ってみてください。

冷奴や卵かけご飯にしょうゆ麹をかけて食べてみてください。

100倍美味しくなります。

缶詰と冷凍野菜と乾物といった素材でも、塩麹やしょうゆ麹を投入するだけで、絶品料理になります。

 

単体で味がキマル(手軽である)

 

料理の面倒な点はたくさんありますが、そのひとつが味付けです。

砂糖を小さじ何杯、塩を少々、酢を適量、みりんを小さじ何杯・・・。

計量も面倒だし、さまざまな調味料を使い分けるのも面倒、増えた調味料の管理も面倒です。

料理本などのレシピを見ると、材料の多さと調味料の多さにうんざりします。

 

その点、塩麹としょうゆ麹は、それだけで美味しくなります。

計量はしたほうがいいのでしょうが、適当にいれても美味しいです。

 

簡単につくれる

 

塩麹は商品になっていますが、コスパを考えると麹からつくるのが基本です。

麹からつくるといっても、難しいものではありません。

麹に塩やしょうゆを投入したあとは、1日1回混ぜるだけで、勝手に育って出来上がってくれます。

 

 

生麹と乾燥麹

 

麹には、生麹と乾燥麹があります。

生麹の水分をとばして乾燥させたものが乾燥麹となります。

一般的に言われている特徴をまとめてみます。

 

生麹

乾燥麹に比べて風味がよい

乾燥麹に比べて麹菌に力があるので発酵が速い

冷蔵もしくは冷凍の温度管理が必要である

水に戻す必要がなくすぐに使える

夏場だと冷凍便になり送料が高くなる

乾燥麹

水分が少ないので雑菌に強い

麹菌の力が弱いので発酵はゆっくり

常温での長期保管が可能である

水に戻してから使う必要がある

1年を通して常温便の送料ですむ

 

 

おひとり女子は両方使ったことがありますが、味の違いは分かりませんでした。

生麹のほうが美味しいという意見のほうが多いようですが、乾燥させるとうま味が出るという一般論が麹にも当てはまるという意見もあり、おひとり女子の意見としても「両方とても美味しい」という結論です。

 

であれば、管理が楽な乾燥麹のほうが良いのですが、おひとり女子は生麹を使用しています。

単純に、生麹のほうが安く入手できるからです。

スーパーでは乾燥麹しか置いてないところが多いと思いますが、ネット(楽天)でまとめ買いするなら生麹のほうが安いという結果になりました。

 

 

保管期間と保存方法

 

生麹

 

生麹の一般的な保管期間と保存方法は以下のとおり。

冷蔵:2週間程度

冷凍:3ヶ月から半年程度

塩きり:常温で半年程度

 

塩きりとは、麹に塩をまぜることで、これによって麹の品質が安定して常温保管が可能となりますが、塩が入るので使用用途が限られ、甘酒などには使えなくなります。

生麹は商品によって保管期間が異なるので、購入した際の注意書きを確認してください。

 

おひとり女子は大量まとめ買いをするので、冷凍で半年以上保管することもしばしばありますが、特に問題はなくいつも美味しい塩麹・しょうゆ麹をつくっています。

ですが、使用環境にもよるし、そもそもおひとり女子は雑菌に強いのか余程のことで無いとおなかを壊さない体質ということもあるので、気になる方やおなかを壊しやすい方はあまりまとめ買いをせず、期間内で使いきる程度にしましょう。

 

乾燥麹

 

乾燥麹の一般的な保管期間と保存方法は以下のとおり。

常温:半年程度

 

生麹に比べるとはるかに管理が楽な乾燥麹ですが、夏場などは冷暗所や冷蔵庫に置いたほうが良いようです。

 

塩麹・しょうゆ麹

 

完成した塩麹・しょうゆ麹の保管期間と保存方法は以下のとおり。

冷蔵:半年程度

 

つぎ足しをすることで1年以上もつそうです。

熟成させるほどうま味が増して美味しいともいわれ、余裕で半年以上使えそうに思います。

 

ただし、雑菌管理は気をつけたほうがよいようです。

スプーンの使い回しはしない

容器は殺菌したモノを使う

 

 

おひとり女子は毎回400g程度つくりますが、数ヶ月で使い切ってしまうので、、半年以上の長期保管をしたことがありません。

長期保管して熟成させた味を確認したいとも思いますが、そこまで繊細な舌を持ち合わせていないこともあってチャレンジしたことがありません。

 

 

さいごに

 

塩麹が流行ったのは最近では2010年頃のこと。

 

おひとり女子が麹を使い始めたのは購入履歴によると2015年。

大流行があったおかげで、情報に疎いおひとり女子も知ることができたのだから、2010年の流行には感謝しています。

 

麹を知ったきっかけは、図書館で借りたレシピ本です。

タイトルなど思い出せないのですが「調味料ひとつでできる男の料理」をコンセプトにしたもので、

 

『定年退職をして暇をもてあましたあげく、奥様に朝昼晩と食事の世話になっていると捨てられる危険があるから、せめてお昼ご飯ぐらいは自分でつくろうぜ』

 

ということを提案されていました。

めんつゆや塩麹など、それだけ単体で味付けができる簡単だけど美味しい料理を紹介したものです。

まさにおひとり女子にぴったりでした。

 

麹は調味料としては安くないと思いますが、健康への投資と思えば高くないし、なにより簡単で美味しいです。

なんの工夫もしなくても、麹がすべてを美味しくしてくれます。

料理に自信が無い人ほど、塩麹・しょうゆ麹を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

次回はつくり方をご紹介いたします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました