パルス型消費行動を知って不要な買物衝動を抑えよう

買いたい衝動のメカニズムを理解しよう ライフスタイル

おひとり女子くるみです。

 

グーグルが6/28に開催した「ショッピングに関する調査のメディアセミナー」というメディア向けセミナーで、日本のオンラインによる一般消費財購入の普及や動向についての調査結果を報告したそうです。

それによると、今まで全く知らなかった商品であっても、その商品を目にした時に瞬間的に買いたいという衝動が起こり、その衝動のままにすぐに買ってしまう人が増えているそうです。

 

そんな記事を目にしたので、本日はグーグルが名付けた「パルス型消費行動」について。

セミナーの発表内容については下記記事から抜粋しています。

日本人の「消費行動」最新事情:みんなが「パルス型消費」で物を買い始めた

買いたい気持ちは瞬間で起きる — グーグルが提唱「パルス型消費行動」とは?

 

 

パルス型消費行動とは

 

グーグルによると、普段の生活の一連の行動の中で瞬間的に買いたいと思うことがあって、(実際に直後に)買うことがある消費行動を『パルス型消費行動』と名付けたとのことです。

従来の一定の時間をかけて買いたい気持ちを醸成させる『ジャーニー型消費行動』とは区別をすべき現象だと発表しています。

 

現在の日本国内での消費行動には、3つのトレンドがみられるそうです。

人々は買う瞬間まで知らなかったブランドを買うことに躊躇がない
人々は店舗や、ECサイトに行く時点で、どのブランドの商品を買うか決めていない
人々は暇つぶしにスマホを使って偶然知った商品をその場で買うことに躊躇がない

 

結果として、「かつてコンビニの登場により、買い物をする『時間的制限(=いつでも)』から開放されたことに匹敵する、買い物をする『場所の自由(=どこからでも)』の獲得という画期的な変化」が起こっていると指摘されています。

さらに、「注意しなければならないのは、これらの行動が、趣味的な商品に対する非日常的な買い物ではなく、日常的な消費に見られる点。その意味で、従来の“衝動買い”とは一線を画した消費行動と言える」とも。

 

 

6つの直感センサー

 

このセミナーは商品を売る側・消費を促す側であるメディア向けです。

なので、この『パルス型消費行動』という最近の消費傾向をいかに利用して消費を促すかを掘り下げます。

 

グーグルは、消費者のパルスを捉えるのにキーとなるのは以下の「6つの直感センサー」であると提示します。

セーフティ:「より安心安全なもの」に反応する直感センサー
フォーミー:「より自分にぴったりだと思うもの」に反応する直感センサー
コストセーブ:「お得なもの」に反応する直感センサー
フォロー:「売れているもの」や、「第三者が推奨するもの」に反応する直感センサー
アドベンチャー:「知らなかったもの」や「興味をそそるもの」に反応する直感センサー
パワーセーブ: 「買い物の労力を減らせること」に反応する直感センサー

 

従来に比べて、消費者の消費行動はスピードを増しています。

つまりは、6つの直感センサーを上手に利用して、消費者のパルスを遅滞なく素早く的確に掴んで、購買に繋げることが重要ということです。

 

 

消費者として見るパルス型消費行動

 

自分の行動を振り返っても、確かにその一面はあるよねと思える指摘ではないでしょうか。

 

確かに、インターネットの普及、特にスマホの普及に伴い、購買活動はより簡単になっています。

スマホの画面を覗くたびに様々な商品を目にします。

それが広告であることも多いですが、例えば有名人が持っている服やバッグなどを目にして欲しいと思うこともあるでしょう。

そして、欲しいと思ったらそのままネットショップに飛んで、すぐに注文を出すことができます。

 

確かに指摘されたとおり、「欲しいとも思っていなかったモノ」を偶然目にしてしまい、「あ、これいいな」と思った次の瞬間には「注文している」という経験を持つ人は少なくなさそうです。

 

おひとり女子も、日々のスーパーでの買物以外はほぼ全てネットショップを利用しているので、買物が便利になったことは歓迎すべきこととして捉えています。

ただ、促されて衝動のままに買物をしてしまうのはやっぱり危険です。

吟味されない買物は、失敗が多いからです。

 

買物の垣根が低くなりすぎた結果、人は気付かぬうちに、モノに埋もれた生活を余儀なくされます。

より良い生活を求めて購入したモノにより、日々の生活の快適さが失われていくとしたら、買物がラクになったことを手放しでは喜べません。

 

とはいっても、商品を売りたい側は、さらに素早くさらに便利に買物ができるように環境を整備していくし、欲しいと思ってもらうように魅せる広告の研究に余念なく、私たちを的確に誘導して消費に繋げていきます。

 

もし不要なモノは買いたくないと思うのであれば、こうしたメディア戦略を理解し、自分の消費行動を把握した上で、自分で自分を律する姿勢がどうしても必要になってきます。

 

 

衝動によって不要なモノを買わないために

 

では、衝動に突き動かされて不要なモノを買わないためにはどうすれば良いのでしょうか。

せっかくグーグルがまとめてくれて消費活動の傾向が分かったのだから、メディア同様に、消費側でもこれを利用すれば良いのです。

こんな風に考えてみたらいかがでしょうか。

 

買う気が無いのに買ってしまうのなら、買えない環境をつくればよい

 

商品を知らずに買ってしまうのなら、

十分調べてから出ないと買わないルールが必要だ

安心安全を追求しすぎてもきりがないと知る

より良い商品を見つけても、今使っているモノを使い切ってから

すぐに使わないモノを買うことはオトクどころかムダなこと

他人に良いものが自分にも良いとは限らない

未知のモノを未知のまま迎え入れるリスクを考える

便利は不便

 

 

具体的に、おひとり女子が実践している3つのルールをご紹介します。

 

自分にとって必要なモノはなにかを把握する

 

せっかく買ったのに使わなかったり、せっかく買ったのに買ったことを忘れたりしてしまうのは、自分がなにを必要としているのか分かっていないのに、気軽に買ってしまうからです。

 

本来は「必要だから買う」が当たり前でした。

でも今は「欲しいから買う」が当たり前になっています。

本当に欲しかったらもちろん買えばいいのですが、この「欲しい」という感情は、実は一時の気の迷いであることが多いのが問題です。

たいして欲しくもないのに、欲しいような気持になって買ってしまうのです。

でもそれは、当たり前です。

前述したように、モノを売る側は私たちの消費行動を研究しているのですから。

 

であれば原点に戻って、必要なモノはなにかを考えてみましょう。

これ以上必要なモノなど実はほとんどない事に、断捨離をしてみればすぐに気が付きます。

 

ネットでの買物をする頻度の上限を決める

 

必要なモノを把握しても、とっても魅力的に思える商品の情報は、次から次へと飛び込んできます。

この情報を完全にシャットアウトするのは、スマホを捨てろと言っているようなものです。

 

そこで、いつでもどこでも買物ができるネットの便利さを、あえて否定します。

欲しいと思っても、買えないルールを自分でつくってしまうのです。

 

例えば、おひとり女子が利用するのは楽天市場。

いつでもどこでも買おうと思えば買えますが、2ヶ月に1度のセールの時に最高10店舗までと決めています。

 

欲しいものがあっても、次のセールが来るまでは購入できません。

欲しいものがたくさんあっても、優先順位を決めて、10店舗を超えた分は次の機会にまわします。

 

このルールを決めてしまうと、「あ、これいいな」と思っても、どうせ今すぐに買えないので、ショッピングサイトに飛ぶこともなくなるし、その商品の口コミ情報を集めたりといった購買に繋がる行動も抑制できます。

 

欲しいと思ってから買うまで1ヶ月は時間をおく

 

では、欲しいと思ったときが、ちょうど買物のタイミングと重なっていたらどうでしょうか。

リアルタイムの欲しい衝動はとても強いので、今までためていた買物リストの商品より優先して買ってしまう危険があります。

 

そこで、もうひとつのルールです。

欲しいと思ったら買物リストに付け加えますが、追加してから1ヶ月は期間を置くことにしています。

これをやってみると、欲しいという衝動がいかにあてにならないかがよく分かります。

 

はじめのうちは、リストに追加されたものの大半が1ヶ月の間に消えていきます。

リストに残ったとしても、買物のタイミングがきても購入対象に選ばれなかったりします。

はじめの欲しい衝動が消えるにつれて、優先順位が下がるからです。

 

この方法が身についてくると、リストに追加されるモノ自体の数が減ってきます。

これはつまり、一番はじめに提示した「自分にとって必要なモノ」が把握できてきたということでもあります。

 

 

さいごに

 

買物が便利になったことは、確かに良い面もあります。

クリックひとつで、玄関まで持ってきてくれるなんて、本当にありがたいと思います。

 

でも、メディアの促すがままにモノを買っていたら、本当に必要な時や本当に欲しいモノのために使いたいお金を浪費することになるし、不要なモノに囲まれた不便で不愉快な生活を余儀なくされます。

 

買うことばかりが便利になりすぎて、それを使い切る行為とのバランスが崩れてしまいました。

買うことばかりが便利になりすぎて、不要なモノまで買い込んでしまう事態になってしまいました。

 

この環境はますますエスカレートしていくのだから、流されるのではなく自分でルールを決めてみましょう。

自分の軸がしっかりできて必要なモノを把握できたのならば、それが衝動による買物であろうと失敗はなくなるのです。

そうなった時にはじめて、便利な世の中だと笑って言えるのではないでしょうか。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました