【牛乳パック活用術】水耕栽培で青じそ生活

牛乳パックで水耕栽培 ライフスタイル

おひとり女子くるみです。

 

みなさん、青じそ好きですか?

おひとり女子は大好き。

毎年GWあたりに入手して、ベランダで育てます。

 

自分で育てるのは、いちいち買いに行くのが面倒だから。

いつでも好きなときに、青じそが手に入るなんて、とってもステキ。

 

今年は、ベランダではなく部屋での水耕栽培に挑戦です。

そのためのポットづくりをしました。

 

 

用意するもの

 

牛乳パック・・・1本
スポンジの切れはし
カッター
定規
リメイクシート

 

 

水耕栽培ポットのつくりかた

 

①今回は飲み口部も使います。飲み口部とフタになる部分7cmを一辺だけ残してカットしていきます。

牛乳パックで水耕栽培01

 

②フタをしてみるとこんな感じ。

牛乳パックで水耕栽培02

 

③青じそのクキを通すための穴をあけます。

牛乳パックで水耕栽培03

 

④①でカットされたあまりの部分を使って、青ジソを支えるトレイ?をつくります。

牛乳パックで水耕栽培04

 

⑤トレイは、牛乳パックの幅7cmより多少大きくします。

フタとトレイで穴の空き方向を変えているのは、光を入れないためです。

水耕栽培は液体肥料を使うので、水部分に光が入ると苔が大量発生してしまうのです。

牛乳パックで水耕栽培05

 

⑥あまってたリメイクシートを貼って完成。レンガですが、面積狭すぎてレンガに見えません。

牛乳パックで水耕栽培06

 

⑦青じそ設置してみました。クキをスポンジでくるんでストッパーにしています。

牛乳パックで水耕栽培07

 

青じそを設置して判明しました。

ブログにあげておいてなんですが、このポットあまり使い勝手がよくありません。。。

青じその設置が、ちょっと面倒です。水替えは大変だな、これじゃ。

 

そのうち、改良するかもしれません。

ちゃんと設計をせず、頭で適当に考えただけで、あとは牛乳パックをカットしながら作り上げていくので、こんな失敗もまあ普通にあります。

 

 

まとめ

 

今年はベランダではなく、水耕栽培にチャレンジしようと決意したのは、ベランダ栽培のこんなデメリットから。

 

スズメに食べられた・・・

青むしが・・・

 

おひとり女子のベランダは3階。

いろんなヤツがおひとり女子の青じそを狙ってやってくるのです。

青むしが出た時には、怖くて駆除することができず、いることに気づいてから数日で全て食べられてしまいました。あの時の屈辱。。。おひとり女子の青じそ・・・。

 

青じそは害虫に強いといわれているのですが、素人のベランダ栽培程度だと、葉も柔らかいので狙われるらしいです。

 

ということで、今年は青じそを独占する為に水耕栽培にしてみました。

 

1ポット購入して、4株に分けられたので、

ベランダ栽培1つ

牛乳パック水耕栽培2つ

ペットボトル水耕栽培1つ

で育てていきます。

 

 

ただ、おひとり女子の部屋は北東向き。

日光が足りなすぎるのでLEDライト購入予定です。

準備不足で、青じそを先に購入してしまい、ライトがくるまでもってくれるか心配・・・。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました