資産形成のためにすべきこと ~収入を増やす~ アルバイト編

資産形成のためにすべきこと ~収入を増やす~ アルバイト編 収入を増やす

おひとり女子くるみです。

資産形成の基本はこの3つ。

 

支出を減らす
収入を増やす
資産を運用する

 

今回は収入を増やす方法について。

 

 

仕事で成果を出して給料アップ

 

やはり基本はここにあります。

サラリーマンでも自営業でも、本業をおろそかにしてしまっては給料アップどころか給料ダウンで足元をすくわれる結果になりかねません。

非正規だと会社の業績によって簡単に契約打ち切りになりますし、その時に真っ先に対象となるのは成果が出せていない人になります。

 

とはいっても、日本では右肩上がりの給料制度は遠い昔の話で、頑張って働いても昇給がほとんどなかったり、ボーナスは削られたりと、年々収入増を実感できているという人は少数派になりつつあるのではないでしょうか。

非正規だとさらに「昇給」「ボーナス」「退職金」の3セットとは基本的に無縁です。(派遣は会社によっては「交通費」も無縁。)

 

勤続年数に比例して右肩上がりに給料が上がる時代でもないし、成果を出したからといって必ずしも給料が上がるという時代でもなくなっているわけです。

 

それでも、消費税は上がっていくし、いつインフレ時代が到来するかわかりません。少なくとも、これ以上日本がデフレに突き進むということはあまり考えられないと思います。そろそろ限界。頭打ちでしょう。

 

そうであるならば、本業をしつつも副業で収入を得るという考え方は、この日本でもはや必然なのではないでしょうか。

 

 

サラリーマンが本業をしながら副収入を得る方法

 

政府が推進するなか、副業を公認する企業も増えつつあるとのこと。

契約外の時間を拘束する権利は企業にないので、あたりまえと思いますけどね。

 

では、サラリーマンができる副業ってどんなものがあるでしょうか。

 

少なくとも1日24時間のうち1/3は本業に時間をとられているのが一般的です。

通勤時間も含めれば起きている時間の大半を本業が占めているという方も少なくないはず。

そんなサラリーマンが副業をするといっても、選択肢は限られてきます。

 

おひとり女子が自分の収入を月5万増やすことを目標に、候補として検討している副業を発表していきます。

 

まずは今の時代の副業として、大きく分けると2つに分かれます。

■ネットで稼ぐ

■ネット以外で稼ぐ

 

今回は、このうちネット以外で稼ぐ方法について。

 

 

就業後もしくは週末の時給アルバイト

 

退社時間が決まっている、もしくは残業を断れる方は、安定して収入を得る有力候補としてはずせないのではないでしょうか。なぜなら、働いた時間に対して、まず間違いなく収入が得られるからです。

対して、総じてネットで稼ぐ方法は成果報酬がメインになってきます。稼げないことはないけれど、その為に必要な労力は膨大だったなんてことが無きにしもあらず。

 

その点、時給で働くアルバイトや派遣は、時間の対価として賃金を得るので、何時間働けばいくら稼げるかというのは契約時に判明しています。予想外の収入を得ることもない変わりに、予想外の時間を費やす心配もありません。まあ、予想外に大変だったということはあるかもしれませんが、それはどの仕事も同じ。やってみなければわかりません。

 

そう考えると、無理なく続けられそうな条件を決めて、それにマッチする求人があるのであれば、安定感は高いので収入を得る手段として除外する理由もありません。

 

おひとり女子は平日は不定期に残業になったりするので、祝祭日を使うしかありません。そこで考えた条件がこちら。

■時給1700円以上

■週1もしくは週2で勤務時間が短いもの

■体力勝負ではないもの(デスクワーク)

■自転車で15分以内

■長期希望(毎回の面接が面倒だから)

 

時給は多少低くなっても、他の4つの条件を優先して見つからないか、定期的に求人サイトを覗いています。求人がありそうだという点でテレアポが有力候補ですが、近くて体力を消耗しない仕事であれば候補になり得ます。

 

希望条件が厳しいのは分かっていますが、副業のために無理して生活が荒れるようなら、そもそもこの副業を選択肢から除外せざるを得ません。おひとり女子は健康体ではありますが、体力のなさには自信がありますので、とにかく重視するのは、休日の時間を奪われることで生活リズムが乱れたりしないこと。無理せず続けられそうな仕事です。

 

ただ、これをやると、投資の勉強に割く時間やはじめたばかりで勉強中のブログに割く時間が削られるので、勉強がもう少し落ち着いて、投資状況を見たときにやっぱり副業が絶対に必要だと思ったら、他の手段も検討しつつ本格的に探そうかと考えています。

副収入も得たいけど、勉強したいこともいっぱいあるのです。

 

収入欲しいけど時間も大切だという場合、アルバイトは手段として候補にはなりますが、やはり決まった時間を拘束されるというのは、先に書いたとおりメリットでもあるけれども同時にデメリットの面も持ちますよね。

 

競馬で言えば、『大穴』というところでしょうか。でも、出馬はするということです。

 

次回からネットで稼ぐ副業について発表していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました