【モノ別断捨離対策】ゴミの処分法

【モノ別 断捨離対策】 ゴミ ライフスタイル

おひとり女子くるみです。

 

断捨離に目覚めてから5年、今までたくさんのモノを処分してきました。

捨てやすいモノというのは、人によって随分違うものですよね。

おひとり女子は、思い出の品はさっさと捨てられるのに、可愛い空き瓶はなかなか捨てられないタイプです。

 

どんなモノをどのように捨ててきたかの経験を交えつつ、モノ別の処分法をご紹介します。

本日はゴミの処分法について。

 

 

ゴミをゴミであると気付くところからはじまる

 

ゴミの処分法なんて、聞かなくても分かっていると思われるかもしれません。

でも、本当はゴミなのにゴミと思わず、せっせと溜め込んでしまっているモノってないでしょうか。

 

例えばこんなモノです。

レジ袋
紙袋
不織布
空箱
空ペットボトル
空瓶

 

どれもこれも、おひとり女子が大量に持っていたものです。

そして、数は減りましたが、いまだに持ち続けているものです。

 

それぞれの本来の役割を考えるのであれば、たいていのモノが家に辿り着いた時点で役割を終えています。

例えばレジ袋は食品等を家に運び入れた時点で役目を終えているし、

中身が消費された時点で空箱や空瓶は不要になるはずなのです。

 

それなのに捨てないで取っておくのは、ゴミではなく有効的に使えるアイテムと思っているからです。

でも何度でも言いますが、これらは本来の役割を終えたゴミなのです。

流用することができるかもしれませんが、それ以上に持っておく必要はありません。

 

これらが家に溜まっているとしたら、使える分以上にゴミを溜め込んでいるということに他ならないのです。

でも、それも無理はありません。

これらのモノは、意識をして減らしていかないと、日々の生活の中でどんどん増え続けていきます。

本来はゴミであるという自覚を持って、増殖を抑えていきましょう。

 

 

消費できる量を把握する

 

まず必要なのは、それぞれのものについて、どのくらい使っているのかを把握することです。

これは、モノによって随分違うのではないかと思います。

もちろん、人によっても違うでしょう。

 

おひとり女子は、指定ゴミ袋がないゴミ無料地域に住んでいるので、ゴミはレジ袋で出します。

なので、レジ袋は定期的に使用しますが、では紙袋はというとほとんど使用しません。

レジ袋だって、断捨離の落ち着いてしまった今となっては、使っても週に3袋程度です。

 

このように、それぞれのモノについて、どの程度の頻度で、どのくらい使っているのかを把握しましょう。

 

 

所持数の上限を決める

 

消費量が把握できたら、どのくらい持っていたら十分なのかがわかるはずです。

使用頻度の高いモノは、消費量より少しは多く持っても良いかもしれません。

でも使用頻度の低いモノは、消費量だけ持っていたら十分です。

 

所持数の上限を決めて、それを超えた分は処分しましょう。

数量で上限を決めてもいいし、保管スペースで決めるのも良いです。

数えなくて良いので管理がラクになります。

 

 

持っていても良い期限を決める

 

定期的に消費するものであれば良いのですが、なかには「いつか使うかも」と思うだけで、一向に使う機会の訪れないモノもあります。

 

そんなモノはそれこそゴミなのだから、使わないなと自覚した時点で処分し、今後は溜め込まないのが一番です。

とはいっても、「いつか使うかも」という考えが頭から離れずに捨てづらい場合は、保管しても良い期間を決めてみるのはどうでしょうか。

保管日をマスキングテープなどで記録しておき、3ヶ月使わなかったら捨てる、と決めてしまいます。

 

決めた期間が過ぎても捨てられない場合は、思い出してください。

そもそもそれは、ゴミなのです。

あなたの家は、ゴミの保管場所ではないはずです。

 

 

定期的に所持品を見直して捨てる

 

所持数の上限と保管期間を決めて管理していれば、少なくとも増殖は抑えられるはずです。

ほぼ管理は必要ないのですが、徹底的にやるとしたら時々は見直したほうがよいです。

 

というのも、昔はよく使っていたけど最近は使ってないモノが出てきたりするからです。

特に、断捨離を続けていると収納系アイテムは不要になってくるので、空箱などはたまりがちになります。

 

 

モノ別処分法

 

さいごに、おひとり女子がそれぞれのモノをどのように処分しているか。

処分法というよりは管理法となります。

レジ袋

 

先にも書いたように、レジ袋でゴミを捨てる地域です。

食品を運ぶのにはエコバッグを使うので本来レジ袋は不要なのですが、ゴミ捨て用にレジ袋をもらっています。

今は、だいたい週に1回買物をして2~3枚もらうので、需要と供給のバランスが程よく取れています。

 

以前は、ゴミ袋がいっぱいになってから捨てていたのでレジ袋が余っていました。

でも、今はゴミ袋にほとんど入っていなくても、ゴミの日がきたら捨てるようにしました。

 

ゴミ袋が有料ならば、そうほいほい捨てられないでしょう。

でもここは無料なのだし、よく考えたら家にゴミを溜め込んでおく必要はないんですよね。

頻繁に捨てるのは面倒と思い込んでましたが、出勤途中に捨てるだけなので、いうほど面倒でもありません。

 

それでも、どちらかと言えばレジ袋が余ってくる傾向にあります。

折りたたんだレジ袋をクリアファイルに入れて保管しているのですが、あまり入れると太ってきて保管しづらいので、5枚たまったらレジ袋をもらわないようにして調整しています。

 

ちなみに実家には、おひとり女子の所持数の何倍ものレジ袋があります。

サイズ別に大小2つのボックスティッシュ空箱で管理されていて、その空箱を越える量は捨てているようです。

一応、所持数の上限が決められているようです。えらい。

でも、指定ゴミ袋があるのだから持ちすぎだとおひとり女子は思っています。言わないけれど。

 

紙袋・不織布

 

紙袋と不織布は、持っている中で一番大きい紙袋の中に入れて保管しています。

昔は日々増えていった紙袋と不織布ですが、今は買わない生活になったので、まったく増えなくなりました。

 

そして、消費もほとんどしません。

昔はもう少し使ってた気がするのですが、何に使っていたのか・・・?

収納かな。

冷凍庫の区分に紙袋を使ったり、不織布は鞄などの収納物をくるんだり、カゴの上にかけてホコリ除けにしたり、目隠しカーテンに利用したりしていました。

 

ちなみに不織布は劣化するので注意です。

特に日光が当たる場所だと劣化が早いです。

劣化するとボロボロになって崩れていき、掃除が大変なので、劣化する前に交換することをオススメします。

 

断捨離を経て今は、保管用になっている紙袋を除いて、小さい紙袋2枚と不織布10枚弱だけ残してあります。

現在、不用品をフリマで出品していて、その梱包用に不織布を残しているのです。

出品が終わったら、紙袋とともに全て捨ててしまう予定です。

 

よく考えると、紙袋も不織布も、なくてもまったく困らない、どうにでもなるアイテムです。

 

空箱

 

電化製品などが入っていた箱は即効捨てるタイプです。

大昔は取って置くタイプでしたが、引越の時に大量のダンボールを見て馬鹿馬鹿しくなって以降は、捨てるタイプに変身できました。断捨離に目覚める以前です。

早いサイクルで買い替えをするタイプで、その時に古いモノを確実に売る、という人以外は捨てるべきです。

 

長期で使うのならば、使い終わった時には売り物にならないだろうから箱は不要です。

とにかく保管スペースをとるモノたちなので、いっそうシビアに管理することをオススメします。

 

おひとり女子が捨てられずに苦労したのは、いわゆるキレイで可愛い箱です。

クッキーの空き缶とか、丈夫でキレイな箱を見ると、すぐに「何かに使えないかな」と思ってしまいます。

収納好きなので、収納に使えそうなものを溜め込みたがるのです。

 

でもこれは、断捨離が解決してくれました。

断捨離に目覚めるとモノを捨てはじめるので、収納が不要になっていきます。

収納用品は捨てることこそあれ、必要になるということはほとんどなくなります。

なので、今はこういった空箱は使用中のもの以外は全て処分できました。

 

ところで、ディズニーのお菓子缶とか、キティのお菓子缶を捨てられる人っているのですかね?

あんなかわいいもの、どうやって捨てられると言うのでしょうか。

おひとり女子はどうしても捨てられず、職場の人にあげました。

幸いなことに、かわいいが故に貰ってくれる人も割といるのです。

 

空ペットボトル

 

おひとり女子は、普段ペットボトル飲料をまったく飲みません。

でも過去に、空ペットボトルが欲しさにペットボトル飲料を買ったことがあります。

今なら絶対しないでしょう。

 

そこまでして欲しかったペットボトル、今も使っているのはこんなところです。

重曹・クエン酸の容器
食器用洗剤の先についているようなパーツをつけて、ジョウロの代わりの水差し
スプレーパーツをつけてスプレーボトル
ごま油・オリーブオイルの容器
昔は、適当にカットして切り口をマスキングテープで保護し、収納として使ったりもしていましたが、今は上記と保管されている2本以外は全て断捨離済みです。

 

保管されている2本は、いただいたLOHACOの水のペットボトルです。

このLOHACOの水のペットボトルは、オリジナルボトルでとてもかわいいのです。

【ペットボトル活用法】オイルボトルとして使ってみる

 

職場の人が常用していると言うのでいただいたのですが、果たして家に入れていいのか何日も迷いました。

悩んで悩んで結局、4種類1本ずつの4本いただきました。

ごま油とオリーブオイルで2本使って、保管しているのが2本です。

 

重曹・クエン酸は中身を使い切ったら別の容器にしようと考えています。

スプレーボトルはトイレ洗剤のまめぴかが入ってますが、継続使用はしないので、使い切ったら処分です。

保管用2本は、ごま油のオイルボトルの替えとして取ってあります。

オイルボトルとしてどこまで持つものなのかを検証中です。

 

いずれにしても、減少傾向であり、今後は増やさないと決めています。

ジョウロの代わりとしてはかなり使いやすいので、これだけは残るだろうという予感がしています。

オススメ。

 

空瓶

 

この中でも一番捨てづらいのが空瓶かもしれません。

ガラス製品が、どうも好きみたいです。

ちょっとかわいい形だったりすると、どうしても取っておきたくなります。

 

しかも、おひとり女子は割と空瓶を活用するのです。

今使っているのはこんなかんじ。

観葉植物の水耕栽培ポット
ハンドクリームの容器
水と製油を入れてアロマポット
歯磨き用のコップ
調味料の入れ物
ボタンの保管容器

 

収納用品としてはプラケースのほうが軽くて扱いやすいのですが、すぐ傷がついて劣化するので、ガラス製のほうが好きなのです。

でも、断捨離によるモノの減少に伴い、収納用品としての空瓶も使われないことが多くなってきたので、厳選して厳選して厳選して、今では未使用で保管されているのは2つだけ。

A4の書類ケースに、キッチン系の小物を保管しているのですが、そこに入るだけと決めています。

 

それでもいまだに、ジャムを消費するたびに捨てるのを一瞬躊躇してしまいます。

惹かれるからこそ、「今持っているモノ以外では用途が明確なもの以外は保管しないで捨てる」と強く心に決めています。

 

 

さいごに

 

未練たっぷりの管理法を紹介する結果になってしまいました。

ですが、それだけ未練があっても、意識することで増殖を防ぐことができるし、昔大量に保管していた頃から比べると、全体の量は激減しています。

100から一気に0へとはいきませんが、これからも徐々に徐々に、不要な分は処分していきます。

 

おひとり女子の断捨離は、魔法は効かないので、いつもチリツモです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました