極小キッチンでもできる、鍋ひとつで簡単自炊生活

鍋ひとつで簡単自炊生活 ライフスタイル

おひとり女子くるみです。

 

みなさん、自炊されていますか。

栄養バランスもとれるし、食費も少なくてすむ自炊生活。

健康を考えたり、お金を貯めたいのなら自炊が基本となります。

 

でも、日々の忙しい暮らしの中で、中々自炊ができないという方も少なくなくないようです。

また、都内のひとり暮らし物件は極小キッチンが珍しくありません。あまりのコンパクトさに自炊を諦めている方もいるかもしれません。

そこで、毎日お弁当を買いに行くより簡単にできるおひとり女子の極小キッチン自炊生活をご紹介します。

 

極小キッチン公開

 

都内物件の極小キッチンの典型的なパターンです。

鍋ひとつで簡単自炊生活00

全幅120cm、シンクは最大幅40cm、調理スペースは30cmありません。

鍋ひとつで簡単自炊生活01

料理は好きではない(というか興味が無い)のですが、いかに洗い物を増やさないかとか、いかに包丁を使わないですますかなどを考えるのは、少し楽しいと思っています。

 

今までの賃貸生活の中で、ここが最小キッチンで、初めての一口コンロです。

初めは自炊は無理かもと思いましたが、実は一番自炊率が高い生活を送っています。ほぼ100%です。

自炊をするかどうかは、環境ではなく意識によるものなのです。

 

 

材料(2食分)

玄米(白米で可)・・・大さじ3
雑穀米(お好みで)・・小さじ1
サバ缶・・・・・・・・半缶(200g缶)
トマト缶・・・・・・・1/3缶(400g缶)
冷凍野菜・・・・・・・食べたいだけ
海藻・・・・・・・・・レンゲ2杯
卵・・・・・・・・・・2つ
油あげ・・・・・・・・お好みで
塩麹or醤油麹orお好きな調味料・・・適量

 

調味料が適当ですが、今回は調味料使いきり作戦実行中の時の写真の為、

みりん・料理酒=>大さじ1、醤油=>大さじ2

で味付けしています。

 

でも普段は、醤油麹や塩麹などを使っていて、適当にとぽとぽ入れて終わりです。

面倒なので計量もしません。

「調味料が一種類で計量なし」というのは、料理を簡単にする秘訣のひとつです。

 

材料の量もまた適当ですが、これは鍋の大きさに対してどのくらい入れれば食べ切れるかを実験していくのがよいです。

おひとり女子は、あまり食べないほうかもしれません。

16cmの鍋に目いっぱい入れると、2食(朝食とお弁当)で食べ切るのはかなりきついです。鍋に9分目くらいでおなかいっぱい。8分目でちょうどいいくらいです。いつも入れすぎて苦しい思いをしてしまいがちです。

 

 

ツール

調理用スプーン

 

おひとり女子はジオプロダクトの16cm鍋ひとつで自炊しています。

ジオプロダクト 片手鍋16cm GEO-16N

価格:5,357円
(2019/5/23 05:23時点)
感想(18件)


フライパンも、他の鍋も持っていません。

20cmの両手鍋を購入予定ではあるのですが、16cmひとつで困っていないので、必要になるまでは買わないと思います。

料理好きでもないなら、おひとりさまは鍋ひとつで十分自炊できます。

そもそも、キッチンのコンロがひとつ口なので、いくつもあっても火にかけられるのは1個だけですしね。

 

ちなみに、ステンレス鍋は重いのが欠点なのですが、16cm程度であれば、アラフォー筋肉無しなおひとり女子でも、片手で扱えます。料理が入っていてもなんとかもてますが、目いっぱい入っている時は重いので持たず、量を減らしてからは持ち上げてお皿に移してます。

20cmくらいになると片手鍋を片手で扱うのは、おひとり女子には結構つらいと思われます。

おひとり女子は、この鍋を買う前にデパートに行って、実際に持ってみました。

 

調理用スプーンは、缶詰から取り出したりする時に使っています。

長年の使用により傷だらけなので調理用に使っているだけで、本来の用途は普通のカレースプーンサイズの100均の木製スプーンです。

 

つくりかた

 

①玄米と雑穀米をいれます。

鍋ひとつで簡単自炊生活02

 

②醤油、みりん、日本酒を投入。あ、砂糖も入ってますね。まさに煮物の味付けです。

鍋ひとつで簡単自炊生活03

 

③サバ缶、トマト缶、ひじきを投入。ひじきはもどすのが面倒なのでそのまま投入してます。。。

なので、水分を多めにします。

鍋ひとつで簡単自炊生活04

 

④冷凍野菜と卵2つ(1食1つ)を投入。

鍋ひとつで簡単自炊生活05

抵抗ある人もいるのかもしれませんが、おひとり女子は野菜はすべて冷凍野菜と乾物(切干大根とか)を使っています。

おひとり女子の簡単自炊生活は、豊富な冷凍食品を提供してくれる業務スーパーによって成り立っているといっても過言ではありません。

 

⑤最後に大好きな油揚げをトッピング。わざわざ包丁を使う手間をかけるほどに油揚げが好きです。

鍋ひとつで簡単自炊生活08

 

⑥鍋によりますが、ステンレス鍋なら沸騰するまで中火、沸騰後は弱火で9分、火を止めて10分蒸らします。

時間がないと5分くらいしか蒸さなかったり、30分以上放置したり、蒸らしは適当です。

材料を入れてしまえばあとは火加減だけです。

 

⑦出来上がったのがこちら。

鍋ひとつで簡単自炊生活09

 

そんなに美味しそうに見えないのが残念ですが、塩麹や醤油麹のような、1種類で食材をなんでも美味しくしてくれるスーパー調味料を使えば、誰でも美味しくつくれます。

めんつゆなんかもスーパー調味料ですよね。

 

 

まとめ:近所にあるなら業務スーパーを利用すべし

 

自炊は、簡単にすまそうと思えばすませられるものです。

簡単にすませてしまえば、わざわざ食事のために飲食店に出向いたり、毎回毎回お弁当を買ってくるといった手間ひまがなくなり、むしろラクになります。

週1回買物して、あとは家で作業5分、待ち時間30分ほどで出来上がるのですから。

 

自炊を簡単にするポイントのひとつである野菜たち。

鍋ひとつで簡単自炊生活06

冷凍野菜を使うと、もう戻れなくなります。

包丁とまな板が不要

手間がかからない

ゴミが出ない

 

簡単自炊には欠かせないアイテムです。

ちなみに、サバ缶やトマト缶を使うのも、料理に時間と手間をかけたくないからです。

鍋ひとつで簡単自炊生活07

冷凍野菜は、このように100均のかごに入れて、そのまま冷凍庫に突っ込んでいます。

これを入れる為に、付属していた氷収納がついた棚ははずしてしまいました。

おひとりさまだと、冷蔵庫より冷凍庫を活用する方も多いと思います。

中の仕切りは付属品の棚に頼るのではなく、カゴなどで自分で仕分けるほうが狭いスペースを最大限に使えますよ。

 

 

結論、こういったものがあれば、自炊は外食やお弁当よりも簡単で美味しくて栄養たっぷりとなります。

ひとつで美味しい調味料(塩麹や醤油麹など)
冷凍野菜
乾物
缶詰

 

ぜひ簡単自炊生活にチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました